voyage.の施術の種類

voyage.の豊富な施術の一部をご紹介。

マッサージ

ボディケア

ボディケアとは、疲れている人のココロとカラダの休養、つまり『緊張の緩和』を目的として、怪我や病気の予防を行い、健康の維持増進を目指すリラクゼーションの一つです。ひとたび触れればその良さがわかるvoyage.のボディケアは、絶妙な抑圧刺激で普段届かないような奥深くの細胞まで、じっくり丁寧に全身をほぐしていきます。

鍼

鍼は、痛みを和らげたり、神経系を活性化させたり、体質改善を促すなど様々な効果が期待できる伝統医療技術です。鍼刺激によって筋肉の硬さを緩めることで、CGRP(キカルシトニン遺伝子関連ペプチド)という物質が感覚神経末端から放出されて、筋肉の血管が拡張します。すると血液量が増加して、交感神経(興奮する神経)の活動が抑制され、様々な症状が改善されます。また、東洋医学の観点から、気、血、津液といったカラダの巡りや、『木・火・土・金・水』というの5つの調和を取り戻すことによって、カラダの不調を未然に防ぎ、体を健康に導いていきます。

Neck Therapy

お灸は、ヨモギで製作した“もぐさ”に火をつけ、その熱でツボを刺激してカラダの不調を改善します。飛鳥時代に中国から日本に伝わった伝統医療技術で、体内に水分が多く冷えやすい日本人の体にはとても相性がいい施術です。せんねん灸を始めとする、桝おんきゅう、棒灸など様々な種類のお灸技術を、一人ひとりのカラダの状態に合わせて提供します。

美容鍼・エステティックケア

美容鍼は、お肌の内側である内部からアプローチしていく美容法です。そしてエステは、外側からお顔をもみほぐして刺激を与えるため、外側からのアプローチになります。どちらが優れているというわけでなく、それぞれのアプローチ方法によって得られる効果が変わってくるのです。

美容鍼は身体の内側からアプローチするため、お肌の血行促進やフェイスラインの引き上げ、シワへのアプローチ、また自律神経を整えることにもつながります。肌トラブルの改善以外にも、体質的な部分でも効果があることがポイントです。

ホットストーンテラピー

50~60℃に温めたホットストーンを全身のツボに置いたり、敷いたり、足指の間に挟んだりといったトリートメントを行い、筋肉の緊張をほぐして、疲れやストレスが表れやすい背中や足裏、手のひら、パソコンなどの使用で疲れやすい目の上などに温めた石を置くことによる遠赤外線効果と、体のツボにホットストーンを置くことのよる灸のような効果で、施術後は温泉に入った後のように血行がよくなり、ポカポカと体の芯まで温まります。

​姿勢・背骨骨盤矯正

骨盤が正しい位置に戻ると姿勢が良くなります。すると内臓も正しい位置に戻り、ぽっこりお腹などの解消が期待できます。

また骨盤の歪みが原因で起きていた腰痛や頭痛、冷え性やむくみの改善にも繋がります。

骨盤の歪みが解消されると、歪みが原因で起きていた不調が改善されることが期待できます。

鍼
ホットストーンマッサージ
Neck Therapy